Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三重県、不正アクセスでメール盗聴した職員を処分 - スパイウェアも活用

三重県は、不正アクセスにより他職員宛てのメールを盗み見ていた職員など、複数の職員に対して懲戒処分を行った。

同県によれば、政策部土地・資源室の課長補佐級職員が、2005年10月にユーザーIDやパスワードを不正に利用し、メールを受信できるよう設定の変更を行っていたもの。今年7月までの約3年間にわたり、同県庁のサーバから特定の職員に届くメールを盗み見ており、不正アクセス法違反で略式命令を受けている。

さらに同職員は、2006年4月にキー操作や画面の表示内容を記録する不正プログラムを他職員のパソコンにインストールし、情報を盗み見ていたという。同県では問題の職員に対して1カ月の停職処分とし、当時の監督者に対して文書による注意処分を行った。

また同県では、今年5月に勤務中などに出会い系サイトの退会処理やアダルトサイトの閲覧など私的にPCを利用していた農水商工部農業研究所の課長補佐級職員に対して、停職2カ月の懲戒処分を行っている。

(Security NEXT - 2008/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業