Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福島第一原発のデータを保存したUSBメモリが所在わからず - 機微情報は含まれず

東京電力は、協力企業が福島第一原子力発電所に関するデータを保存したUSBメモリ1個を紛失したと発表した。

所在がわからなくなっているUSBメモリには、今後点検が予定される発電所内の約700にわたる機器に関する情報、A4用紙に換算して36枚分のリストが保存されていた。核物質防護に関する機微情報や個人情報などは保存されていないという。

協力企業において12月2日以降見あたらなくなり、東京電力が12月4日により報告を受けた。同社では従業員や協力企業に対して事故を周知徹底し、再発防止を目指すとしている。

(Security NEXT - 2008/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

福島第一原発の報告メールで誤送信、個人情報が流出 - 東電
敦賀原発の原子力関連情報含む業務資料を紛失 - 日本原電
原発の工事用図面含むUSBメモリを紛失 - 日立プラントテクノロジー
火力発電所の画像や関連資料がファイル共有ソフトでネット流出 - IHI
原子力発電の設計データ入りハードディスクが盗難 - 東芝
原発情報がファイル共有ソフト経由でネット流出 - 東北電力の子会社
原発内のパソコン盗難で管理徹底求める - 原子力安全・保安院
福島第一原発で業務用パソコンが盗難被害 - 機微情報含まれず
東京電力の関連会社から原発情報がWinny流出 - 核物質の防護情報は含まれず
北陸電力の志賀原発情報がWinny流出 - 機微情報含まれず