Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郵便事業、放置された「ねんきん特別便」などの配達を開始

郵便事業において、12万通の郵便物が入ったコンテナが2カ月以上JR梅田駅へ放置されていた問題で、同社は配達を開始した。

同社では、配達の許可を得た郵便物について、3日より配達を開始し、受取人に謝罪した上で届けている。また問題のコンテナには社会保険庁が郵送した「ねんきん特別便」約4万5千通が含まれていたが、こちらについても12月4日より謝罪状を添えて配達を行っているという。

(Security NEXT - 2008/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

電気料金支払い依頼書を別の顧客に送付 - エネクスライフサービス
「宅ふぁいる便」で過去登録情報の流出があらたに判明
原発広報誌の返信ハガキが所在不明、個人情報や意見など記載 - 東電
レターパックで送付した妊婦や乳児の健康診断受診票が所在不明
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
一部学費請求書を誤送付、前年データ流用後に作業ミス - 横浜市立大
保険料の一部通知書が所在不明、郵便局の連絡で判明 - 島本町
転居先住所を本人の意志に反して提供 - 仙台市