Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SSHで暗号化ブロックから平文を取得される可能性

情報処理推進機構(IPA)やJPCERTコーディネーションセンターが運営する脆弱性情報ポータル「JVN」は、SSH(Secure Shell)に対する攻撃方法が報告されたとして、対策法などを案内している。

SSHは暗号化通信に多く用いられているが、同サイトによればSSHをデフォルトであるCBC(Cipher Block Chaining)モードで使用する場合、攻撃が成功する可能性は低いものの、ひとつの暗号化ブロックから32ビットの平文を取り出すことができるという。

また攻撃を受けた場合はセッションが切れるが、RFC4251で通信エラー発生時に再接続が推奨されており、再接続の機能が実装されている場合は再び平文が取得されるなど攻撃の影響が拡大するおそれがある。

同サイトでは、攻撃を防ぐ対策として、「CBCモード」ではなく「 CTR(CounTR)モード」を使用する方法を紹介。さらに各ベンダーの関連製品などについて情報を提供している。

JVN
http://jvn.jp/

(Security NEXT - 2008/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性