Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SSHで暗号化ブロックから平文を取得される可能性

情報処理推進機構(IPA)やJPCERTコーディネーションセンターが運営する脆弱性情報ポータル「JVN」は、SSH(Secure Shell)に対する攻撃方法が報告されたとして、対策法などを案内している。

SSHは暗号化通信に多く用いられているが、同サイトによればSSHをデフォルトであるCBC(Cipher Block Chaining)モードで使用する場合、攻撃が成功する可能性は低いものの、ひとつの暗号化ブロックから32ビットの平文を取り出すことができるという。

また攻撃を受けた場合はセッションが切れるが、RFC4251で通信エラー発生時に再接続が推奨されており、再接続の機能が実装されている場合は再び平文が取得されるなど攻撃の影響が拡大するおそれがある。

同サイトでは、攻撃を防ぐ対策として、「CBCモード」ではなく「 CTR(CounTR)モード」を使用する方法を紹介。さらに各ベンダーの関連製品などについて情報を提供している。

JVN
http://jvn.jp/

(Security NEXT - 2008/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性