Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ管理者をサポートする「脆弱性マネジメントサービス」を機能強化

NRIセキュアテクノロジーズは、「脆弱性マネジメントサービス」のリニューアルを実施し、機能強化を図った。

同サービスは、顧客のシステム構成に応じて脆弱性情報や専門スタッフによる事前のヒアリングに基づいたリスク評価を提供するサービス。

今回のリニューアルでは、ユーザビリティを強化。リスク評価の対象となるウェブサイトやサーバの脆弱性対策状況をマトリックス表示することが可能となり、一元管理を実現する。

さらに過去分析画面を用意し、検索条件により脆弱性の発生件数の推移や対策適用の状況など、グラフィカルに確認し、PDFやCSVによりレポートを出力できる。またリスクをカテゴリー化し、キーワードによる検索に対応したほか、脆弱性判定情報がウェブ上から確認できるようになった。

(Security NEXT - 2008/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA