Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバを24時間監視して障害を通知する「お知らせくん」 - JBサービス

JBサービスは、サーバにおける障害やウイルス侵入などを検知し、メールでアラートを通知するサービス「お知らせくん」を発表した。

同サービスは、IBM製サーバ機器を対象にした障害通知サービス。監視ツールを利用し、ハードディスクやバックアップの障害、ウイルス侵入など問題発生時のほか、イベントログの発生やCドライブの空き容量が90%以下になった場合など、障害内容を同社の監視運用センターへ通知。通知内容をセンターで解析し、障害の原因などを顧客へ通報する。

標準監視項目のほか、温度異常やファン異常、電源障害など拡張監視項目も用意。対象OSは、Windows 2000、および同2003 Serverで、Linuxへの対応は2009年春を予定している。月額利用料は、サーバ1台あたり8400円。別途初期費用が必要。

(Security NEXT - 2008/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開