Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1カ月で新種マルウェアが約10万件、年内に100万件超のおそれ

G DATA Softwareは、年内に発生するマルウェアの新種が100万件を突破する可能性があるとの見通しを発表した。

同社研究所のの調査によれば、8月は新種マルウェアが急激に発生しており、1カ月間で9万8500件が検知されたという。

2006年に発見された新種マルウェアは3万9124件、急増した2007年でも年間を通して13万3253件だったが、2008年に入りこれらを上回るペースで増加。すでに8カ月間で52万7000件に上り、今後さらに加速するおそれもあることから、100万件に達する可能性も出てきている。

同社によれば、こうしたマルウェアは個人情報を狙うものが主流で、銀行口座やカード情報、ゲームアカウントなどを盗み出すものが従来より流通しているが、最近では、ネットサービスへのアクセスデータや銀行口座、クレジットカード、電話番号、メールアドレスなどをパッケージ化されたものがダイレクトマーケティング業者を対象に取引されるケースも増えているという。

(Security NEXT - 2008/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ギフト券30万円分の受注に見せかけたマルウェアメールが流通
「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
正規アプリ起動時に偽画面を最前面に表示、クレカ情報詐取する不正アプリ
「iTunesの支払キャンセル」で偽サイトへ誘導するフィッシング - HTMLファイルを添付
「注文を配送できません」とだますスパムが多数流通 - 「Amazon」「Apple」などのなりすましも
利用者向けフィッシング対策ガイドラインが改訂 - メール中のリンクに注意を
ランサムウェア「AES_NI」「BTCWare」被害者向けに復号化ツール
「マイナンバー制度の更新が必要」とだますメール - 新年度のタイミング狙った攻撃か
「注文殺到で待たせして申し訳ありません」 - 商品配送通知を偽装する「マルウェア添付メール」
不正送金マルウェアを送りつけるメールに注意 - 請求書や写真送付など手口さまざま