Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1カ月で新種マルウェアが約10万件、年内に100万件超のおそれ

G DATA Softwareは、年内に発生するマルウェアの新種が100万件を突破する可能性があるとの見通しを発表した。

同社研究所のの調査によれば、8月は新種マルウェアが急激に発生しており、1カ月間で9万8500件が検知されたという。

2006年に発見された新種マルウェアは3万9124件、急増した2007年でも年間を通して13万3253件だったが、2008年に入りこれらを上回るペースで増加。すでに8カ月間で52万7000件に上り、今後さらに加速するおそれもあることから、100万件に達する可能性も出てきている。

同社によれば、こうしたマルウェアは個人情報を狙うものが主流で、銀行口座やカード情報、ゲームアカウントなどを盗み出すものが従来より流通しているが、最近では、ネットサービスへのアクセスデータや銀行口座、クレジットカード、電話番号、メールアドレスなどをパッケージ化されたものがダイレクトマーケティング業者を対象に取引されるケースも増えているという。

(Security NEXT - 2008/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
「Struts 2」脆弱性を狙う攻撃キャンペーン「Bleeding Thunder」 - 国内企業のサイト含む標的リストも
深刻な脆弱性に対処した「Ghostscript 9.24」が前倒しで公開 - アップデートを強く推奨
拡張子「.iqy」ファイルに注意 - 数十万件規模でマルウェアメールが流通
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ
家庭内IoT機器、現存マルウェアからはルータで保護可能 - ただしルータへの侵入防護が条件
ギフト券30万円分の受注に見せかけたマルウェアメールが流通
「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用