Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内組織の意図せぬ従業員情報がネット上で流通

上場企業や官公庁などの従業員や職員に関するメールアドレスや個人情報が、流出情報の公開サイトなどで流通している。メールや氏名など、SNSより取得できる秘匿性が低い情報の可能性もあるが、組織が把握できていないところで流通している点には注意が必要だ。

サイバーマトリックスが調査を実施し、結果を取りまとめたもの。東証一部上場企業と官公庁に関連するドメインそれぞれ2192件、16件のあわせて2208ドメインを抽出し、調査を実施した。

各ドメインについて、流出情報を収集して公開しているサイトや掲示板、Pastebinなど、インターネット上のデータについて検索して収集、分析した。正規サイトなどからは情報収集を行っていない。

メールアドレスのほか、氏名、住所、電話番号、性別、誕生日、ID、パスワードなどを対象とし、メールアドレスとそれ以外の組み合わせをカウント。ユニークなメールアドレスの件数を集計した。

(Security NEXT - 2019/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

先週注目された記事(2024年6月2日〜2024年6月8日)
約3割が過去3年間にサイバー攻撃の被害経験 - ランサムは3.8%
先週注目された記事(2024年5月12日〜2024年5月18日)
先週注目された記事(2024年5月5日〜2024年5月11日)
まもなくGW - 長期休暇に備えてセキュリティ対策の再確認を
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
2024年1Qのセキュ相談、「サポート詐欺」「不正ログイン」が過去最多
セキュリティ相談、前四半期比46.9%増 - 「偽警告」が倍増
先週注目された記事(2024年3月31日〜2024年4月6日)
個情委、人事労務サービスのMKシステムに行政指導 - 報告は3000件超