Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内組織の意図せぬ従業員情報がネット上で流通

上場企業や官公庁などの従業員や職員に関するメールアドレスや個人情報が、流出情報の公開サイトなどで流通している。メールや氏名など、SNSより取得できる秘匿性が低い情報の可能性もあるが、組織が把握できていないところで流通している点には注意が必要だ。

サイバーマトリックスが調査を実施し、結果を取りまとめたもの。東証一部上場企業と官公庁に関連するドメインそれぞれ2192件、16件のあわせて2208ドメインを抽出し、調査を実施した。

各ドメインについて、流出情報を収集して公開しているサイトや掲示板、Pastebinなど、インターネット上のデータについて検索して収集、分析した。正規サイトなどからは情報収集を行っていない。

メールアドレスのほか、氏名、住所、電話番号、性別、誕生日、ID、パスワードなどを対象とし、メールアドレスとそれ以外の組み合わせをカウント。ユニークなメールアドレスの件数を集計した。

(Security NEXT - 2019/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
約半数の企業が情報セキュリティ対策を重点的に推進
不要個人データ、流出防止のためにも消去を - 個情委が注意喚起
個情委、すみやかな報告呼びかけ - 未確定でも前広に
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
「STOP!パスワード使い回し!キャンペーン2019」がスタート