Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DDoS攻撃を自動防御するサービス「NetGu@rd」 - ブロードバンドタワー

ブロードバンドタワーは、同社のBBTowerデータセンターのユーザーを対象に、DDoS攻撃を検知して自動防御するセキュリティサービス「NetGu@rd」の提供を開始した。

同サービスは、シスコシステムズのセキュリティ機器「Cisco Anomaly Guard/Detector Module」を採用したネットワークセキュリティサービス。DDoS攻撃を自動検知し、データセンター側で防御する。

通常はモニタリングを行って、異常を検知した際に悪意のあるトラフィックのみを防御するため、正常なトラフィックには影響を与えることなくサービスの継続性を維持できるという。インターフェースや接続形態、トラフィック量など接続条件に関係なく利用できるほか、期間限定での利用も可能。

(Security NEXT - 2008/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業
パナと東京建物、ビルシステムへの攻撃検知で実証実験
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
クラウドの利用実態を可視化するサービス - 日立ソ
金融機関ノウハウ活用した不正検知サービス - ACSiON
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載