Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

添付ミスで技術委員の住所や銀行口座など誤送信 - NEDO

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、技術委員など学識経験者に関する個人情報を含んだファイルを誤って流出したと発表した。

技術委員47人に対して誤ってファイルを送信したもので、75人分の住所や銀行口座など、個人情報が記載されていた。9月10日、同機構の職員が委員会の日程調整を行うため技術委員47人にメールを送った際、誤って添付したという。

送信直後にミスに気付き、同機構では関係者に対して謝罪し、誤送信メールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2008/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

業務メールを無関係メアドに同報、名簿送ったケースも - 佐賀県
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 広告代理店
ホテル会員の個人情報をメールで誤送信 - リゾートトラスト
「Emotet」感染でなりすましメール送信 - 岐阜新聞社
登録団体関係者の個人情報を誤送信 - 横浜市
ふるさと納税者宛メールに個人情報を誤って添付 - 松山市
生徒や保護者の個人情報含むファイルを誤掲載 - 滋賀県日野町
NTT西で「Emotet」感染、なりすましメールが送信
メルアカ乗っ取りで取引先情報流出の可能性 - RIZAP
委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック