Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

添付ミスで技術委員の住所や銀行口座など誤送信 - NEDO

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、技術委員など学識経験者に関する個人情報を含んだファイルを誤って流出したと発表した。

技術委員47人に対して誤ってファイルを送信したもので、75人分の住所や銀行口座など、個人情報が記載されていた。9月10日、同機構の職員が委員会の日程調整を行うため技術委員47人にメールを送った際、誤って添付したという。

送信直後にミスに気付き、同機構では関係者に対して謝罪し、誤送信メールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2008/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
内部告発職員の氏名が関連部署に漏洩 - 大阪府
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
防災計画関連資料に個人情報、3年以上にわたり誤掲載 - 大阪府
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大