Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

成績情報を記録したUSBメモリが所在不明に - 横浜緑園総合高校

神奈川県立横浜緑園総合高校において、生徒の成績など個人情報が保存されたUSBメモリが所在不明となっている。

同校教諭が8月5日に、担当する生徒の氏名やクラス名、担当科目の成績などのべ154人分の個人情報が記録されていたUSBメモリを紛失したもの。同日校内で業務に使用したが、一時校外へ外出したのち、校内で業務を再開する際になくなっていることに気が付いたという。

教諭は警察へ被害を届け、校内や外出先など心あたりを探索したものの、見つからなかった。同校では、校内でUSBメモリを利用する際に登録を義務づけていたが、教諭は登録しておらず、一部を除いてデータの保護なども行っていなかった。

同校では今回の事故を受け、保護者へ書面で謝罪。また保護者を対象とした説明会を実施する。

(Security NEXT - 2008/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
高校で生徒の緊急連絡先カードが所在不明 - 愛知県
府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府
生徒の個人情報紛失が府立高2校で判明 - 大阪府
高校で個人情報含むUSBメモリが所在不明、相談スペース利用状況なども - 大阪府
学内から外部に不正通信、マルウェア感染端末を特定できず - 成蹊中高
市民公開講座の案内メールで誤送信 - 東海高中校