Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロのウイルス検索エンジン「VSAPI」最新版が公開中止に

トレンドマイクロは、同社のウイルス対策製品全般に搭載されているウイルス検索エンジンの最新版「VSAPI 8.9」について公開を中止した。今後の公開予定は未定となっている。

「VSAPI」は、同社が配信するパターンファイルを利用し、ウイルスをはじめとする不正プログラムの検出や駆除を行うモジュール。最新版では、平常時のメモリ使用量を最大70%削減したとして、8月4日より公開されていた。

一部環境において同エンジンを利用した場合に、不具合が発生することが判明したもので、同社では16日に公開を中止。19日より順次開始する予定だったActive Updateによる提供についても延期した。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
トレンド、SDNの連携ソリューションに汎用制御APIを用意
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス
Bitdefender、家庭用IoT機器を保護するBOX型アプライアンス
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
トレンド、IoT機器を保護する家庭向けツール - LAN接続だけで利用可能
ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売
トレンド、制御システムで不正アプリの起動を阻止する新製品
NTT東と楽天が協業、楽天市場の4.4万店向けにセキュリティサービス