Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リハビリセンターの患者情報含むUSBメモリが病棟内で所在不明に - 埼玉

埼玉県総合リハビリテーションセンターにおいて、退院した患者327人の個人情報など含むUSBメモリが所在不明となっていることがわかった。

所在が不明となっているUSBメモリには、2005年10月から2008年6月まで同センターに入院し、手術を受けた患者327人の氏名、年齢のほか、病名、手術方法、入院日、治療経過などが保存されていた。不正利用などの報告は受けていないという。

7月21日、メモリの保管場所となっているキャビネット内からメモリが紛失していることに看護師が気付いたもので、センター周辺の探索や関係者から聞き取り調査など進めているが見つかっていない。

同センターでは、関係する患者に電話で説明と謝罪を行い、改めて謝罪文を送付した。

(Security NEXT - 2008/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
なりすまし医師に患者の電話番号を漏洩 - 札幌医科大
なりすまし医師から電話、患者の携帯番号伝える - 福島県立医科大病院
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
患者情報が盗難被害に - 淀川キリスト教病院
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
県立病院や高校における個人情報の処理ミスを公表 - 新潟県
メールを誤送信、死亡患者情報が流出 - 墨東病院
病院職員が電子カルテを不正閲覧 - 連絡先を取得
患者情報の誤送信で医師を懲戒処分 - 横浜市立大病院