Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハンモック、複数の遠隔PCを同時監視できる「AssetView RemoteConsole」

ハンモックは、ネットワークを通じて遠隔地にあるPCの監視や操作が行える「AssetView RemoteConsole」を発売した。

同製品は、遠隔地にあるクライアントPCのデスクトップを共有できるソフトウェア。ログイン画面を閲覧し、コマンドの実行やメッセージの送信、OSの制御を行なうことが可能で、外部クライアントPCのメンテナンスや監視に利用できる。今回発売するのは「AssetView HYPER O」の後継製品にあたり、機能向上により複数台を同時接続を実現している。

また9月に、PC資産管理製品「AssetView GOLD A」との連携に対応する予定で、ハードウェアのインベントリ情報からPCを検索し、メンテナンスを行うことが可能となる。

(Security NEXT - 2008/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
安川情報、IoTとAIを活用した教育機関向けセキュリティシステム
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス
日立システムズ、IoT機器へのサイバー攻撃を検知するサービス
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
DNP、車載システム向けにセキュリティ対策ソリューション
DNPら、セキュアチップを活用した金融機関向け遠隔保守サービス
DNPら、高セキュリティなIoT環境を実現するゲートウェイ端末を開発