Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤフーが自社向けに開発したDB監視システムを発売 - CTC

伊藤忠テクノソリューションズは、ヤフーが自社向けに開発したデータベース監視システム「iTres」の販売を開始した。

同システムは、不正アクセスやデータ改竄、持ち出し対策としてデータベースへのアクセス状況をリアルタイムで監視するセキュリティソリューション。ヤフーが自社のデータベース監視システムとして開発したもので、ISO15408認証を取得している。

不正アクセスやデータ改ざんなどを検知した場合には、セキュリティポリシーに応じて管理者へ通知することが可能。アクセスやデータ修正のための許可申請手続きを自動化するワークフローが用意されており、管理者の負担を軽減できる。

伊藤忠テクノソリューションズでは導入からシステム構築、保守運用までワンストップで提供する。

(Security NEXT - 2008/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
Cylance製品向けの運用監視サービス - テクマトリックス