Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改正特定電子メール法が可決 - 広告メールは事前同意が必要に

2月29日に国会に提出されていた迷惑メールを取り締まる改正特定電子メール法が衆参両院で可決した。公布から6カ月以内に施行される。

「特定電子メール法」は2002年に成立。2005年に法改正されたが、3年が経過し、迷惑メールの巧妙化が進んでいることから、今回の改正では従来の「オプトアウト方式」が見直され、施行後は受信者に事前に同意が必要となる「オプトイン方式」が導入された。

さらに法の実効性を高めるため、送信者情報を偽装したメール送信はプロバイダが拒否できるようになるほか、国内向けに発信されたメールであれば、海外サーバから送信されたメールも対象となる。また罰金額が100万円以下から3000万円以下に引き上げられた。

(Security NEXT - 2008/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
セキュリティ対策の情報開示のあり方でパブコメ - 総務省
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ