Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報が業務委託先からWinny流出 - NTT西日本

NTT西日本は、顧客情報が業務委託先である富士通ビジネスシステムよりインターネット上へ流出したと発表した。

流出したのは、NTT西日本和歌山支店の法人顧客35団体の従業員情報1041件。富士通ビジネスシステム従業員の私用パソコンにインストールされていたファイル共有ソフト「Winny」を通じて、3月23日に
外部へ流出したという。流出したデータには、氏名や住所、電話番号、性別など含まれる。

NTT西によれば、流出した情報の不正使用などは確認されておらず、同社では関連する顧客の従業員に対しては文書で事情を説明している。

富士通ビジネスシステムでは、3月25日に流出を確認。3月27日に事故の詳細には言及しなかったものの、顧客情報のネット流出についてウェブサイト上で公表していた。

(Security NEXT - 2008/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

音楽教室の顧客情報がネット上に流出 - 宮地楽器
ナンバープレートなど含む記念写真データが所在不明 - 三菱自
設定ミスでDBから顧客情報流出の可能性 - マーケティング会社
都税支払サイトからクレカ情報67.6万件が流出か - 「Apache Struts 2」の脆弱性突かれる
中高生向けアプリ「ゴルスタ」、利用者の個人情報をツイート
メール開きマルウェア感染、個人情報流出の可能性 - 中電工
実験システムに関する情報含むHDDを委託先が紛失 - NICT
マイナンバーカード裏面のQRコードから個人番号が漏洩 - 取り扱いに注意を
堺市の有権者情報流出、データ拡散確認されず
国内に多数のアノニマスFTP - うっかり情報公開に注意を