Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複製によるデータ拡散を防止できる「ドキュメントプロテクションサービス」

イーディーコントライブは、DVD-ROMやCD-ROMで配布するデータの複製や拡散を防止する「ドキュメントプロテクションサービス」を提供開始した。

同サービスは、データに対して利用を制限を設定し、関係者以外への漏洩を防止できるセキュリティソリューションで、プレスから物流までワンストップで提供。プロテクト作業の軽減化を実現する利便性重視のサービス「ProRing」と機密情報管理向けのセキュリティを重視したサービス「Star Force Lite」の2種類を用意した。

「ProRing」では、配布したCD-ROM上のデータファイル対し、利用者が閲覧やハードディスクへの保存、印刷など権限を設定できる。また「ディスク判別機能」により、メディアをコピーしてもコピー先での利用を防止。さらに「Star Force Lite」では、ファイル利用時にキーコードによる認証をかけることができる。

配布されたメディアを利用する際も、ソフトのインストールや管理者権限が不要。対応ファイルは、JPEGやPNGをはじめとする画像やテキストファイル、WordやExcel、PowerPoint、PDFなど。

(Security NEXT - 2008/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増