Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

44種のOSやディストリビューションに対応したサーバ監視ソフト - HDE

HDEは、ウェブブラウザから複数のサーバを一元管理できるサーバ監視ソフトの最新版「HDE Center 4.5」を、3月26日より発売する。

同製品は、複数台のサーバを一元管理するソフトウェア。SNMPを利用しないHTTPベースの通信方式を採用し、インターネット経由でも監視可能なため、複数の拠点にあるサーバの監視に対応する。また障害発生時にはメールで管理者に警告するだけでなく、指定したスクリプトを自動実行させることで自動復旧も可能。

最新版では、Red Hat Enterprise Linux 5 ServerやCentOS 5.xなど最新のOSをサポート。これにより対応OSおよびディストリビューションが44種類に拡大した。また従来版では年間レポートと月間レポートしか作成できなかったが、週間レポートも作成可能になるなどレポート機能も強化された。価格は、3ノードライセンス込みの基本パックが40万3200円、追加1ノードライセンスが12万7680円。

(Security NEXT - 2008/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避