Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス被害により攻撃の踏み台に - 日本PostgreSQLユーザ会

日本PostgreSQLユーザ会のウェブサイトが外部より攻撃を受け、不正プログラムがインストールされていたことがわかった。

同会が運営するウェブサーバのSHHサーバがブルートフォース攻撃を受け、管理用パスワードが取得されたもので、不正ソフトがインストールされていたという。2月27日に同サーバから外部の他サーバへ攻撃が行われているとの指摘があり事態が判明した。

同会では詳細について確認作業を進めているが、5日の時点で不正サイトへのリンクやコンテンツの挿入など、ウェブサイトの改ざん被害は発生していないという。また「PostgreSQL」のソースについてもサーバ上においておらず影響はなかった。JPUGのメーリングリストについては、別サーバで運用されており、現時点で攻撃は確認されていない。

同会では、不正アクセスに関する告知やサーバの停止、代替サーバへの切り替えなど対応が遅れたとして、ウェブサイトで謝罪している。

(Security NEXT - 2008/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック