Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特権ユーザーの監査機能を強化したDB監査ツール 「PISO 4.0」

インサイトテクノロジーは、データベース監査ツールの最新版「PISO 4.0」を4月2日より提供開始する。合わせて、監査レポートに対応したオプション製品やコンサルティングサービスも提供する。

同製品は、データベースへのアクセスを記録し不正アクセスを警告することで情報漏洩やデータ改ざんを抑止し、情報資産を保護する監査ツール。最新版では、日本版SOX法への対応や内部統制強化に必要な特権ユーザーの監査機能が強化された。これにより、Oracle Databaseに対する特権ユーザーのアクセスだけでなく、ログオンやデータベースの起動、停止などすべての行動を記録し、監視できるようになった。

また、データベース監査のPDCAサイクルを強化してデータ改ざんや情報漏洩を抑止する仕組みを提供するほか、ルールに違反した不正なアクセスを遮断する機能など、200項目以上の機能が追加された。同時にリリースされるオプション製品「Audit Report Option 4.0」は従来製品に比べ監査機能が強化され、監査レポート作成に必要なテンプレートを30種類提供する。

さらに、特権ユーザーの監査を支援するコンサルティングサービス「特権ユーザー監査対応パック」を提供。1カ月で監査運用基盤を構築し、特権ユーザーの操作を記録して監査レポートを作成する。

(Security NEXT - 2008/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行