Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パターンファイル未適用も警告する監視サービス - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、同社センターにおいて24時間体制で企業内のウイルス感染状況や対策状況を監視する新サービス「Expert on Guard」を、3月1日より提供開始する。

同サービスは、国内専門のウイルス解析、サポートセンター「リージョナルトレンドラボ」内に設置された監視センターから企業内のウイルス対策状況やウイルス感染状況を監視するもの。

感染発生時に限らず、最新のパターンファイルが適用されていない端末数が基準値を超えた場合なども通知する。また、感染が確認されたウイルスへの対応方法を提供することで、感染拡大を防止する。

監視結果は、月次レポートと四半期ごとにレポートで報告。レポートではセキュリティレベルの向上に必要な対策をアドバイスするなど、感染被害の予防に向けた対策もサポートする。またPremium版では、感染被害が発生した場合、顧客からの依頼を待たず駆除ツールを提供するなど対応する。

参考価格は、Standard版が291万9000円。Premium版は618万4500円。いずれも1000から1499アカウント申し込んだ際の1年間の利用料金。

(Security NEXT - 2008/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性