Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報漏洩対策ソリューション「Pirates Buster」がVista対応

トリニティーセキュリティーシステムズは、データの情報漏洩や不正利用を防止する「Pirates Buster」シリーズ3製品の最新版を発売した。

同シリーズで、ウェブシステム上の文書ファイルをはじめ、デジタルデータの情報漏洩と不正使用を防止する「同 for WebDocument Ver.2.0」や、ファイルの暗号化、ファイルの利用期限を設定できる「同 for Document Ver.4.0」では、クライアントアプリケーションである「User Manager」「Data Locker」「Secure Viewer」「Folder Locker」が、Windows Vistaへ対応した。

また、両製品にブラウザの画面キャプチャやコピー、印刷などを防止する「同 for Active WebPage Ver.4.0」を含めた3製品において、ポリシーサーバのデータベースにMicrosoft SQL Serverが利用できるようになった。

(Security NEXT - 2008/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM