Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務委託先が個人情報2万8000人分を紛失 - 豊川市

愛知県豊川市において、住民約2万8000人分の個人情報を紛失していたことがわかった。

業務委託先である豊橋市のヒミカにおいて、豊川市が委託した個人情報を保存したUSBメモリが所在不明になっているもの。6日に判明したもので、従業員が自宅に持ち帰った際に紛失したと見られている。

同USBメモリには、介護保険の加入者情報や後期高齢者医療制度などのべ4万1000件、約2万8000人分の個人情報が保存されていた。同市は、豊川市、音羽町、御津町が合併し、15日に誕生したばかりで、紛失したデータには各地域の情報が含まれていた。

(Security NEXT - 2008/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

元応援団部員の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 立命館大
「Linux」や「FreeBSD」に脆弱性 - リモートよりDoS攻撃受けるおそれ
「データ破壊」狙うイランのサイバー攻撃が増加 - 米政府声明
メルマガに誤って登録会員のメアドを添付 - NEDO
カスペ、パートナーがソースコードをレビューできる施設 - 欧州で2カ所目
府立高校で生徒情報含む記録簿を紛失 - 大阪府
「VAIO」向けアップデートソフトに複数の脆弱性
登録セキスペ4月試験、合格率18.9% - 平均年齢36.1歳
メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - ERP導入コンサル会社
リモートデスクトップ狙うアクセスが増加 - 広範囲のポートに探索行為