Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

地権者の個人情報含む書類を電車内に置き忘れ - 東京都

東京都建設局は、地権者25人分の個人情報が記載された資料を、第五建設事務所の職員が鞄ごと電車内に置き忘れ、紛失していたことを明らかにした。

紛失したのは、地権者25人の氏名や電話番号を記載していたスケジュール帳。また、地権者との交渉記録や物件調査書などの業務資料も含まれる。12月13日昼、地権者と用地取得に関する交渉を終えて事務所に戻る途中、JR総武線の車内に鞄ごと置き忘れた。

降車後すぐ紛失に気付いたため、駅窓口に連絡して確認を行ったが、鞄は見つからなかったという。翌14日に紛失を警察へ届け、同局では関連する地権者に対し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2007/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始