Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

地権者の個人情報含む書類を電車内に置き忘れ - 東京都

東京都建設局は、地権者25人分の個人情報が記載された資料を、第五建設事務所の職員が鞄ごと電車内に置き忘れ、紛失していたことを明らかにした。

紛失したのは、地権者25人の氏名や電話番号を記載していたスケジュール帳。また、地権者との交渉記録や物件調査書などの業務資料も含まれる。12月13日昼、地権者と用地取得に関する交渉を終えて事務所に戻る途中、JR総武線の車内に鞄ごと置き忘れた。

降車後すぐ紛失に気付いたため、駅窓口に連絡して確認を行ったが、鞄は見つからなかったという。翌14日に紛失を警察へ届け、同局では関連する地権者に対し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2007/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ