Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「緊急」3件含む7件のセキュリティパッチを公開 - マイクロソフト

マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラム7件を公開した。先週公表された予告どおり、深刻度が「緊急」とされるものが3件、「重要」が4件が提供されている。

今回、深刻度が「緊急」として公開されたセキュリティプログラムは、「DirectShow」「Windows Media File Format」「Internet Explorer」の脆弱性を解消するもの。いずれも非公開で同社が報告を受けた脆弱性で、悪用されるとリモートでコードが実行されるおそれがある。

また「重要」として公開されたものは、「SMBv2」「メッセージキュー」「Windowsカーネル」「Macrovisionのsecdrv.sysドライバ」に関する脆弱性を解決するもの。「SMBv2」についてはリモートでコードが実行されるおそれがあり、ほか3件については、特権を昇格する脆弱性が含まれる。

「Macrovisionドライバ」の脆弱性については、11月にマイクロソフトがアドバイザリを公表している脆弱性で、その時点で攻撃が確認されている。Macrovisionでは、脆弱性を解消したドライバを提供しており、同様のものだという。

2007年12月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-dec.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割