Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイボウズ製品にXSSなどの複数の脆弱性 - アップデートで解消

「サイボウズOffice 6」や「サイボウズガルーン」など、サイボウズ製品に複数の脆弱性が見つかった。同社ではアップデートの提供を開始している。

異なる2件のクロスサイトスクリプティングの脆弱性が見つかったほか、DoS攻撃を受ける脆弱性やHTTPヘッダインジェクションの脆弱性が発見されたもの。脆弱性が攻撃を受けた場合、ウェブブラウザ上でコードを実行されたり、キャッシュの上書き、任意のクッキーの発行されるなど、被害を受ける可能性がある。

今回見つかった脆弱性の影響を受けるのは、「Office 6.6 (1.3) 」「ガルーン1.5 (4.1) 」をはじめ、「ガルーンワークフロー1.0 (1.1) 」「ガルーンファイル管理サーバー1.0(0.7)」「ガルーンファイル管理サーバー 1.0(0.7)」「ガルーン施設予約サーバー 1.0(0.7)」「ドットセールス1.0」など。いずれも以前のバージョンも含まれる。

同社では脆弱性を解消した最新版を用意。「Office」「ドットセールス」についてはウェブサイト、「ガルーン」シリーズについてはパートナーを通じて提供される。

サイボウズ
http://cybozu.co.jp/

(Security NEXT - 2007/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も
「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
メルアカ乗っ取り、迷惑メール送信の踏み台に - 福知山市民病院
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで
「Citrix ADC」更新が一部公開、SD-WAN製品にも影響 - 緩和策で問題も
「IE」に未修正のRCE脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 「Windows 7」にも影響
トレーニングサービスにセキュリティ意識の評価機能
トレンド製パスワード管理ソフトに情報漏洩の脆弱性
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業