Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性を解消したスパイウェアエンジンの提供を開始 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、脆弱性を解消したスパイウェア検索エンジンの提供を開始した。また、リムーバブルディスクの検索に対応するなど、新機能も盛り込まれているという。

今回公開となったのは、スパイウェア検索エンジン「5.2(ビルド1032)」。8月にバッファオーバーフローの脆弱性が見つかった際、同社では脆弱性を回避するパッチにより対処していたが、今回の新エンジンでは、脆弱性を解消した。

同脆弱性は、「ウイルスバスター2007トレンドフレックスセキュリティ」のみ影響するが、将来的にエンジンを使用することを踏まえ、同社では予防策として今回各製品に対応させたという。

「ウイルスバスター2007 トレンド フレックス セキュリティ」や「InterScan Gateway Security Appliance 1.5」など3製品について12月10日よりアップデートの公開を開始し、1月中旬までにエンタープライズ製品など順次対応させる予定。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2007/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意