Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性を解消したスパイウェアエンジンの提供を開始 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、脆弱性を解消したスパイウェア検索エンジンの提供を開始した。また、リムーバブルディスクの検索に対応するなど、新機能も盛り込まれているという。

今回公開となったのは、スパイウェア検索エンジン「5.2(ビルド1032)」。8月にバッファオーバーフローの脆弱性が見つかった際、同社では脆弱性を回避するパッチにより対処していたが、今回の新エンジンでは、脆弱性を解消した。

同脆弱性は、「ウイルスバスター2007トレンドフレックスセキュリティ」のみ影響するが、将来的にエンジンを使用することを踏まえ、同社では予防策として今回各製品に対応させたという。

「ウイルスバスター2007 トレンド フレックス セキュリティ」や「InterScan Gateway Security Appliance 1.5」など3製品について12月10日よりアップデートの公開を開始し、1月中旬までにエンタープライズ製品など順次対応させる予定。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2007/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セブンイレブン向けネットプリントアプリに脆弱性
誤送信で博士課程在籍者のメアドが流出 - 琉球大
避難行動要支援者の情報含むUSBメモリを紛失か - 富津市
セキュアIoT生体医工学の拠点形成で研究成果を発表 - TDU
「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
Chromeにアップデート、「クリティカル」の脆弱性を修正
監視ツール「Nagios XI」にアップデート - 複数脆弱性を修正
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も