Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医師が休暇中に患者情報保存したノートPCをJR車内に置き忘れ - 国立精神・神経センター

国立精神・神経センターの医師が、個人情報を保存したノートパソコンを休暇中に紛失したことがわかった。

同センター武蔵病院の非常勤医師が、11月28日午後1時半ごろに錦糸町駅で乗り換えの際、JR総武線車内へノートパソコンを鞄ごとあみ棚に置き忘れ、紛失したもの。ノートパソコンにはMRI画像42人分や病状など記録した動画ファイル13人分など、55人分の情報が保存されていたという。また47人分については匿名化されておらず、個人情報が含まれる。

匿名化されていないMRI画像には氏名や住所、性別、患者番号が含まれており、動画ファイルには、氏名や住所、生年月日のほか、連絡先や本籍、担当医、病名などカルテの情報が記録されていた。

同センターでは、パソコンには起動パスワードが設定されている説明しており、関連した患者に対して事件の経緯を説明、謝罪するという。また同年1月17日に同様の事故が発生していることから、同センターでは職員に対して指導を再度徹底する。

(Security NEXT - 2007/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
プライバシーガバナンスガイドブックでパブコメ - 経産省
指導要録の写しと学籍に関する記録が所在不明 - NHK学園高校
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン
サーバから顧客情報が削除され不正持ち出し - コンサル会社
工務店マッチングサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
関電の「はぴeみる電」に不正ログイン - 複数海外IPアドレスから試行
トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施