Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、メールセキュリティ製品を強化 - ソフォスラボがリアルタイムでスパム判定

ソフォスは、メールゲートウェイ向け統合セキュリティ対策ソリューション「Sophos Email Security and Control」の機能を強化した。

同製品は、ウイルスやスパイウェア、スパム、フィッシング詐欺、マルウェアなど、メールに含まれる脅威からメールインフラを保護するセキュリティソリューション。今回、スパム対策強化として「アンチスパムディフェンス機能」をあらたに搭載した。

スパム検索エンジンが疑わしいメールを受信すると、疑わしさの度合いに応じてリアルタイムでソフォスラボに転送し、スパムの判定を実施。ソフォスラボでは、送信者認証、不適切なサイトのURL、チェックサム、イメージやドキュメントの特性を判定する独自の「指紋認証型」技術、キーワード情報などのデータベースに基づき、分析と検知を行う。

また、同ソリューションのメールアプライアンス「ES1000/ES4000」のアップグレード版を発売する。「アンチスパムディフェンス機能」に対応したほか、TLS対応の強化により情報流出や情報詐取を防止。ポリシー機能やスパムルールカスタマイズ機能が強化されている。

(Security NEXT - 2007/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却
人材育成プログラム「SecHack365」 - 3月に成果発表会
「Emotet」がセクストーションまがいの詐欺メール - 高い成功率
ABBの発電所向け資産管理製品に脆弱性
WPプラグイン「Easy Property Listings」にCSRF脆弱性
「サイバー防衛シンポ」が6月に開催 - ナイトセッションも
「Adobe Framemaker」に深刻な脆弱性 - 適用優先度は低設定
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
IoTシステムのセキュリティ実装でチェックシート - SIOTP協議会
地域向け情報銀行サービスの実証を開始 - 中部電力