Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SQLインジェクションが昨年比6倍に - ラック上半期レポート

ラックは、2007年上半期における国内インターネットセキュリティの脅威動向をまとめ、レポートとして公開した。

同社レポートは、国内700カ所に設置したセンサーからデータを収集、同社監視センターで記録した不正アクセスやウイルス感染状況を分析、取りまとめたもの。

同レポートによると、ウェブアプリに対する攻撃が増加しており、SQLインジェクションについては昨年と比較して約6倍の攻撃を観測。また攻撃手法も進化しており、脆弱性に関する事前調査を行い、脆弱性を発見してからより本格的な攻撃を行うツールなども見つかっているという。

またフィッシング詐欺やスパムメールの踏み台を探す試みと思われるプロクシサーバの探索が2倍に増加。パスワードクラックを狙ったブルートフォース攻撃の増加も観測されている。4月には、新入社員が被害を受けたと見られるボットやワームの感染事故が多発した。

さらに、昨年は減少傾向にあったファイル交換ソフトの検知数が一転増加した。危険なイメージができた「Winny」や「Share」を敬遠し、ほかの共有アプリケーションを利用する傾向が見られたという。同社は、ファイル交換ソフトを利用するユーザーはセキュリティ意識が低いと指摘。システム面の対策や教育、啓発活動が必要としている。

(Security NEXT - 2007/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委