Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報流出で委託業者を指名停止処分に - 千葉県

千葉県は、業務委託先において同県職員の情報が外部に流出した問題で、関連業者に対し、指名競争入札において指名停止処分を行った。

問題となった事故は、同県が業務を委託している日本電子計算機の再委託先である富士通エフサスから、氏名や所属部署、メールアドレス、IDなど職員の個人情報1万5000件が流出したもの。富士通エフサスの従業員は、自宅パソコンにデータをメールで送信して作業を行っていたが、家族がファイル交換ソフト「Share」をインストールしていたことから事故に発展した。

同県では、指名競争入札参加者の指名停止について基準を定めており、今回のケースが同基準に合致すると判断。取引先として不適当であるとして、2007年10月25日から2008年2月24日までの4カ月間を指名停止とした。

千葉県
http://www.pref.chiba.jp/

関連記事:県職員の情報がネット流出、なりすましに注意呼びかけ - 千葉県
http://www.security-next.com/006960.html

(Security NEXT - 2007/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校で生徒の映像が記録されたビデオカメラを紛失 - 大阪府
サイバーセキュリティ月間の関連行事を募集 - 政府
8カ国から若者が集結する「GCC」 - 国内参加者の募集開始
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
メール誤送信で法人顧客のメアド流出 - すららネット
患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院
ライブイベントの当選メールを誤送信、メアド流出 - 近畿大
国体参加者情報など含む開発中システムに不正アクセス - 日本スポーツ協会
マカフィーのコンシューマー製品に脆弱性 - アップデートがリリース
システム制御製品「CX-Supervisor」の同梱「TeamViewer」に脆弱性