Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報流出で委託業者を指名停止処分に - 千葉県

千葉県は、業務委託先において同県職員の情報が外部に流出した問題で、関連業者に対し、指名競争入札において指名停止処分を行った。

問題となった事故は、同県が業務を委託している日本電子計算機の再委託先である富士通エフサスから、氏名や所属部署、メールアドレス、IDなど職員の個人情報1万5000件が流出したもの。富士通エフサスの従業員は、自宅パソコンにデータをメールで送信して作業を行っていたが、家族がファイル交換ソフト「Share」をインストールしていたことから事故に発展した。

同県では、指名競争入札参加者の指名停止について基準を定めており、今回のケースが同基準に合致すると判断。取引先として不適当であるとして、2007年10月25日から2008年2月24日までの4カ月間を指名停止とした。

千葉県
http://www.pref.chiba.jp/

関連記事:県職員の情報がネット流出、なりすましに注意呼びかけ - 千葉県
http://www.security-next.com/006960.html

(Security NEXT - 2007/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON