Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イベント応募者1033人の個人情報がネット上で閲覧可能に - TBSラジオ

TBSラジオ&コミュニケーションズが、イベント応募者1033人分の個人情報を4カ月以上にわたりインターネット上で誤って公開していたことがわかった。現在は削除されている。

ネット上に流出したのは、農林水産省が同社に委託しているキャンペーン「農林漁業再チャレンジ支援」の一環で、同社と地方局の主催により開催しているイベント「農林漁業ことはじめトークフェア」の応募者リスト。

インターネット経由で応募した1033人の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、性別、年代といった個人情報が、2007年6月6日から10月27日までネット上で閲覧可能な状態となっていた。29日時点で、リストはすべて削除されている。またハガキやファックスによる応募者には影響ないという。

募集業務の委託先による設定ミスが原因で、応募フォームの内容は暗号化して送信していたものの、データを保存するファイルが外部からアクセスできる状態だった。

同社では、関連する応募者に説明と謝罪のメールを送付するという。またチェックが不十分だったとして、業務委託先における個人情報の管理体制を強化する。

(Security NEXT - 2007/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DrayTek製複数ネットワーク機器に深刻な脆弱性 - すでに悪用も
「Firefox 74.0.1」が公開、ゼロデイ脆弱性を修正 - 標的型攻撃を確認
BD製医療機器にキオスクモード回避のおそれ
ウェブ実行環境を分離するクラウドサービス - プルーフポイント
新ビジネスモデルを個人情報保護の観点から相談できる窓口
「ウイルスに感染している」とiPhoneで偽通知 - カレンダー招待機能を悪用
国交省、自動運転車の安全基準を策定 - サイバーセキュリティの確保も
複数小学校でアンケート結果や通知表などを誤配布 - 大阪市
組織内に新型コロナ感染者や濃厚接触者、情報提供時の注意点は?
新型コロナ対策での個人データ活用、例外規定適用に言及 - 個情委