Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

水戸少年刑務所の受刑者情報がネット流出

茨城県内にある水戸少年刑務所の受刑者情報をはじめとする個人情報が、インターネット上へ流出したことがわかった。

流出が判明したのは、1999年から2007年4月までに同刑務所に収容された受刑者約120人の氏名や罪名などのほか、職員900人分の情報。未成年者の情報は含まれていないと言う。

刑務官が、作業をするためデータを自宅へ持ち帰り、パソコンに保存。放置していたことから、ウイルス感染をきっかけにインストールされていたファイル交換ソフト「Winny」を通じてインターネット上へ流出したと見られている。データの持ち出しは禁止されていた。

法務省
http://www.moj.go.jp/

(Security NEXT - 2007/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定
医療分野に特化したハッキングコンテスト - 脆弱性32件を発見
「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に