Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市職員の自宅から個人情報がWinny上へ流出

大阪市職員の自宅パソコンから行政情報がWinnyネットワーク上へ流出したことがわかった。

同市建設局の職員が個人パソコンにデータを保存していたところ、ファイル交換ソフト「Winny」を通じてインターネット上へ流出したもので、9月25日に判明した。流出したデータは、氏名や住所、電話番号など下水道工事に関連する個人情報で、約300人分にのぼる。

同局では、USBメモリによるデータの持ち出しを禁止していたが、守られていなかったという。同市では今回の事件を受け、関係者に対して事情を説明し、謝罪を行っている。

大阪市
http://www.city.osaka.jp/

(Security NEXT - 2007/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市