Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市職員の自宅から個人情報がWinny上へ流出

大阪市職員の自宅パソコンから行政情報がWinnyネットワーク上へ流出したことがわかった。

同市建設局の職員が個人パソコンにデータを保存していたところ、ファイル交換ソフト「Winny」を通じてインターネット上へ流出したもので、9月25日に判明した。流出したデータは、氏名や住所、電話番号など下水道工事に関連する個人情報で、約300人分にのぼる。

同局では、USBメモリによるデータの持ち出しを禁止していたが、守られていなかったという。同市では今回の事件を受け、関係者に対して事情を説明し、謝罪を行っている。

大阪市
http://www.city.osaka.jp/

(Security NEXT - 2007/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 78.0.3904.108」が公開 - セキュリティ関連で修正5件
高校で生徒の映像が記録されたビデオカメラを紛失 - 大阪府
サイバーセキュリティ月間の関連行事を募集 - 政府
8カ国から若者が集結する「GCC」 - 国内参加者の募集開始
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
メール誤送信で法人顧客のメアド流出 - すららネット
患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院
ライブイベントの当選メールを誤送信、メアド流出 - 近畿大
国体参加者情報など含む開発中システムに不正アクセス - 日本スポーツ協会
マカフィーのコンシューマー製品に脆弱性 - アップデートがリリース