Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

西福岡税務署、確定申告書を事務処理前に誤廃棄 - 提出者の特定できず

西福岡税務署は、9月18日に提出された所得税の確定申告書数件分を、事務処理前に誤って廃棄したことを明らかにした。

誤って廃棄されたのは、個人課税部門窓口において提出された、所得税の確定申告書数件分。廃棄処理は同署内で行われたことから、個人情報が外部へ漏洩したおそれはないとしている。

事務処理を行う前に廃棄されたため、当該書類の提出者が特定できない状況だという。そのため同署では、同日に窓口から確定申告書を提出したすべての納税者に対し、早急に連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業