Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

幾何学模様で文字をカモフラージュして情報を守るクリアフォルダ

プラスは、表面にプリントされた幾何学模様により、収納した文書の文字を判読不能にして情報を守るクリアフォルダ「カモフラージュホルダー」を、10月1日より発売する。

同製品は、収納した文書の文字をカモフラージュして見えなくする特殊な幾何学模様を表面にプリントしたクリアフォルダ。20ポイント以上の大きな文字は読めるが、10から12ポイントの小さな文字や手書き文字は判読不能となる。収納された文書のタイトルや見出しは外から確認できるが、細かい内容については読めず、機密情報が他人の目に触れるのを防ぐことができる。

また、模様は表と裏の両面にプリントされているため、持ち運ぶ際に見られる心配もない。価格は1枚73円。5枚で315円。カラーラインナップは10色を用意した。

(Security NEXT - 2007/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も