Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

YouTubeなどで誘い込むスパムが深刻な状況に - ソフォス

ソフォスは、同社モニターチームによる8月のウイルスの報告数をまとめ、公表した。

ウイルスが添付されたメールは大きく減少し、2007年上半期が322通に1通だったが、8月に入り1000通に1件と約3分の1となった。またウイルスに感染したウェブは、6月には1日あたり平均6000件が見つかっていたが、1日平均約5000件に減少している。

しかしながら、不正なウェブへ誘引するスパムは依然多く、YouTubeやヌード写真、ミュージックビデオなどと偽り、アクセスさせようとするものが目立ったという。また株の不正操作を目的として風説を流布するスパムも出回った。

ウェブ経由で感染するウイルスは、先月同様「Iframe」「ObfJS」が上位を占めた。3位の「Decdec」は、7月の3.5%から14.0%に大きく増加した。メールで流通したウイルスについては、1日あたり4件の亜種が発生したトロイの木馬「Pushdo」があらたにトップ10中、4位に食い込んだ。

そのほか、同社がまとめたトップ10は以下のとおり。

ウェブウイルストップ10

1位:Iframe
2位:ObfJS
3位:Decdec
4位:Fujif
5位:EncPk
6位:Psyme
7位:Packer
8位:Pintadd
9位:Redlof
10位:Behav

メールウイルストップ10

1位:Netsky
2位:Zafi
3位:Mytob
4位:Pushdo
5位:Dloadr
6位:MyDoom
7位:Dropper
8位:Bagle
9位:Sality
10位:Traxg

ソフォス
http://www.sophos.co.jp/

(Security NEXT - 2007/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM
街頭インタビュー映像や音声のファイルを誤送信 - NHK
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化