Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、月例セキュリティ更新プログラム9件を公開 - 「緊急」は予告通り6件

マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラムの提供を開始した。深刻度「緊急」が6件、「重要」が3件となっている。

XMLコアサービスの脆弱性は、Explorerを使用して特別に細工されたページを表示した場合、外部からコードを実行されるおそれがあり、深刻度は「緊急」。また、OLEオートメーションの脆弱性では、「Windows」「Visual Basic」のほか、「Office for Mac」にも影響を及ぼすもので、細工されたページの表示した際に攻撃を受ける可能性があるという。

そのほか、「Excel」「Internet Explorer」「Graphics Rendering Engine」「Vector Markup Language」など外部からコードが実行されるなど緊急性が高い脆弱性6件について対応が行われた。

また「Windows Media Player」の脆弱性を解決するプログラムやWindows Vistaの「Windows ガジェット」「Virtual PCやVirtual Server」など、緊急度が「重要」とされる脆弱性3件へ対応している。

今回同社では、セキュリティ更新プログラムの提供とともに、x64ベースのWindowsにおいてカーネル修正の保護を改善する更新プログラムについても、提供を開始したとしてセキュリティアドバイザリを公開した。同OS利用者に対してインストールを推奨している。

2007年8月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-aug.mspx

カーネル修正の保護を改善する更新プログラム
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/932596.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市