Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、月例セキュリティ更新プログラム9件を公開 - 「緊急」は予告通り6件

マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラムの提供を開始した。深刻度「緊急」が6件、「重要」が3件となっている。

XMLコアサービスの脆弱性は、Explorerを使用して特別に細工されたページを表示した場合、外部からコードを実行されるおそれがあり、深刻度は「緊急」。また、OLEオートメーションの脆弱性では、「Windows」「Visual Basic」のほか、「Office for Mac」にも影響を及ぼすもので、細工されたページの表示した際に攻撃を受ける可能性があるという。

そのほか、「Excel」「Internet Explorer」「Graphics Rendering Engine」「Vector Markup Language」など外部からコードが実行されるなど緊急性が高い脆弱性6件について対応が行われた。

また「Windows Media Player」の脆弱性を解決するプログラムやWindows Vistaの「Windows ガジェット」「Virtual PCやVirtual Server」など、緊急度が「重要」とされる脆弱性3件へ対応している。

今回同社では、セキュリティ更新プログラムの提供とともに、x64ベースのWindowsにおいてカーネル修正の保護を改善する更新プログラムについても、提供を開始したとしてセキュリティアドバイザリを公開した。同OS利用者に対してインストールを推奨している。

2007年8月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-aug.mspx

カーネル修正の保護を改善する更新プログラム
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/932596.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー