Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

弥生会計に通信が暗号化されない脆弱性 - 弥生がアップデートを公開

弥生会計の一部通信機能が暗号化されていない脆弱性があることがわかった。弥生はアップデート版の提供を開始している。

クイックナビゲータ機能により弥生のサーバにログインする際、ユーザー認証のデータ送信が暗号化されないのもの。「弥生会計」や「やよいの青色申告」など一部製品に影響があり、顧客番号や電話番号などが盗聴されて流出した場合、なりすましなどの被害に遭う可能性がある。

脆弱性は、クイックナビゲータ機能を利用しなければ影響は受けない。また弥生では、SSLによる通信が可能なアップデート版が公開しており、適用を推奨している。

旧バージョンの「弥生会計」「弥生販売」を ご利用のお客様へ
http://www.yayoi-kk.co.jp/news/20070730.html

弥生
http://www.yayoi-kk.co.jp/

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/security/

JPCERTコーディネーションセンター
http://www.jpcert.or.jp/

(Security NEXT - 2007/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
「Visual Studio Code」に権限昇格の脆弱性 - 修正を実施
「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
台風19号被災者の携帯電話契約、本人確認方法に特例
中国関与の「APT10」、マレーシアやベトナムの医療関連に攻撃展開
「東北文化の日」の旧ドメインを第三者が取得 - マルウェア配布に利用か
個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性68件を修正
「Java SE」の最新版がリリース - 脆弱性20件に対処
Oracle、定例アップデートで219件の脆弱性を修正