Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オーディオプレーヤー「SD ZABADY」の一部にウイルスが混入

ツインバード工業のオーディオプレーヤー「SD ZABADY」の一部にウイルスが混入していたことがわかった。同社では利用者に対して注意を呼びかけている。

今回ウイルスが感染していることが判明したのは、同社の防水SDオーディオプレーヤー「SD ZABADY AV-J369」。感染していたウイルスは、2007年3月末に見つかったトロイの木馬「TROJ_AGENT.PRS」で、トレンドマイクロでは危険度は低とし、ダメージ度は中に設定している。

組み立て工程で感染したと見られており、製造番号が「HA7E211」の場合に感染している可能性がある。製造番号は本体裏の電池をはずすと確認することができる。

パソコンに未接続の製品については同社で確認を実施するとしており、接続してしまった場合については、トレンドマイクロが提供するオンラインスキャンや削除ツールを利用して駆除してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も