Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オーディオプレーヤー「SD ZABADY」の一部にウイルスが混入

ツインバード工業のオーディオプレーヤー「SD ZABADY」の一部にウイルスが混入していたことがわかった。同社では利用者に対して注意を呼びかけている。

今回ウイルスが感染していることが判明したのは、同社の防水SDオーディオプレーヤー「SD ZABADY AV-J369」。感染していたウイルスは、2007年3月末に見つかったトロイの木馬「TROJ_AGENT.PRS」で、トレンドマイクロでは危険度は低とし、ダメージ度は中に設定している。

組み立て工程で感染したと見られており、製造番号が「HA7E211」の場合に感染している可能性がある。製造番号は本体裏の電池をはずすと確認することができる。

パソコンに未接続の製品については同社で確認を実施するとしており、接続してしまった場合については、トレンドマイクロが提供するオンラインスキャンや削除ツールを利用して駆除してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先がメール誤送信、調査で別のミスも - 新潟県
学生や関係者の個人情報紛失、匿名で送付 - 共立女子大
「Jira Server」や「Jira Service Desk Server」に深刻な脆弱性
委託先で手術予定リストが盗難 - 国立国際医療研究センター
ベビー用品通販サイトに不正アクセス - 過去にもDB侵害、協議中再発も
アニメーションPNGのデコードライブラリに脆弱性
Android版「LINE」に複数の脆弱性 - 細工画像でコード実行のおそれ
ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
クレカ会員向けサービスにPWリスト攻撃、ポイント交換も - ジャックス