Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6月のセキュリティ更新プログラムが公開 - Vistaの脆弱性も解消

マイクロソフトは、6月度の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。発表当初の予定どおり、深刻度「緊急」が4件、「重要」「警告」がそれぞれ1件ずつとなった。

「緊急」とされるプログラムは、SSLやTLSなど認証プロトコルを実装するSchannelのセキュリティパッケージに関する脆弱性をはじめ、IEの累積脆弱性、Win32 APIの脆弱性などを解消するもの。いずれの脆弱性も攻撃を受けると外部からコードが実行されるおそれがある。

また、「Outlook ExpressやWindowsメール用の累積的なセキュリティ更新プログラム」についても、同様に「緊急」とされているが、一部Windows Vistaにも影響ものも含まれる。

重要とされたのは、Microsoft Visioの脆弱性で、悪意を持って作成されたファイルを開くとリモートでコードが実行されるなど攻撃を受ける。

また、特権のないユーザーがレジストリや管理者パスワードを含むローカルユーザー情報のデータにアクセスできるなど、Windows Vistaで見つかった脆弱性は、情報漏洩の可能性があるとして「警告」とされている。

2007年6月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-jun.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者情報が飲食店駐車場で盗難被害に - 半田病院
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
アーティストグッズ通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面へ誘導
「Cisco PI」「Cisco EPNM」の「REST API」に深刻な脆弱性
CMSの「Movable Type」にオープンリダイレクトの脆弱性
ドコモを装うスミッシング - ID情報や銀行口座情報を多段階に詐取
児童の個人情報含む資料を誤って送信 - 新潟県
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
ローソン、サイトやアプリを再開 - 情報流出など確認されず