Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6月のセキュリティ更新プログラムが公開 - Vistaの脆弱性も解消

マイクロソフトは、6月度の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。発表当初の予定どおり、深刻度「緊急」が4件、「重要」「警告」がそれぞれ1件ずつとなった。

「緊急」とされるプログラムは、SSLやTLSなど認証プロトコルを実装するSchannelのセキュリティパッケージに関する脆弱性をはじめ、IEの累積脆弱性、Win32 APIの脆弱性などを解消するもの。いずれの脆弱性も攻撃を受けると外部からコードが実行されるおそれがある。

また、「Outlook ExpressやWindowsメール用の累積的なセキュリティ更新プログラム」についても、同様に「緊急」とされているが、一部Windows Vistaにも影響ものも含まれる。

重要とされたのは、Microsoft Visioの脆弱性で、悪意を持って作成されたファイルを開くとリモートでコードが実行されるなど攻撃を受ける。

また、特権のないユーザーがレジストリや管理者パスワードを含むローカルユーザー情報のデータにアクセスできるなど、Windows Vistaで見つかった脆弱性は、情報漏洩の可能性があるとして「警告」とされている。

2007年6月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-jun.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
複数の人気スマホ、地域による脆弱性格差が存在
「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング
テレワークリスク向けに保険パッケージ - 三井住友海上ら
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC
不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 高知言語聴覚士会
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
サイボウズ、PSIRT構築支援プログラムを開始
「Cybozu Desktop」のWindows版に脆弱性 - アップデートで修正