Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6月のセキュリティ更新プログラムが公開 - Vistaの脆弱性も解消

マイクロソフトは、6月度の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。発表当初の予定どおり、深刻度「緊急」が4件、「重要」「警告」がそれぞれ1件ずつとなった。

「緊急」とされるプログラムは、SSLやTLSなど認証プロトコルを実装するSchannelのセキュリティパッケージに関する脆弱性をはじめ、IEの累積脆弱性、Win32 APIの脆弱性などを解消するもの。いずれの脆弱性も攻撃を受けると外部からコードが実行されるおそれがある。

また、「Outlook ExpressやWindowsメール用の累積的なセキュリティ更新プログラム」についても、同様に「緊急」とされているが、一部Windows Vistaにも影響ものも含まれる。

重要とされたのは、Microsoft Visioの脆弱性で、悪意を持って作成されたファイルを開くとリモートでコードが実行されるなど攻撃を受ける。

また、特権のないユーザーがレジストリや管理者パスワードを含むローカルユーザー情報のデータにアクセスできるなど、Windows Vistaで見つかった脆弱性は、情報漏洩の可能性があるとして「警告」とされている。

2007年6月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-jun.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性