Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、ウイルスバスターにサイトの安全性評価ツールを追加

トレンドマイクロは、「ウイルスバスター2007」利用者を対象に、ウェブサイトの安全性を評価し、その結果を表示するプラグイン「Trend プロテクト」を6月20日より提供開始する。また製品版に先駆けて、6月8日までベータ版を期間限定で公開している。

同ツールは、検索結果ページに表示されたサイトの安全性を、サイト自体の評判や各ページの信頼性に基づいて評価、表示するウェブブラウザ用プラグイン。同ツールは、「ウイルスバスター2007」で提供されているウェブ経由のサービス「トレンド フレックスセキュリティ」を通じて無償で提供される予定。

検索結果は、「安全(緑)」「危険(赤)」「警告(黄)」「信頼済み(黄)」「不明(グレー)」の5カテゴリに分けて評価され、グラフィカルに確認することが可能。規制するカテゴリを設定することもできる。

また同社では、同ツールの提供開始にともない、6月1日から7月31日まで「V&Vキャンペーン パート2」を展開する。同製品を購入し、ユーザー登録や「ウイルスバスタークラブ」に申し込んだユーザーが対象で、家庭用ゲーム機「ニンテンドーDS Lite」やオリジナルクオカードを抽選でプレゼントする。

070531tm.gif

(Security NEXT - 2007/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 63」がリリース、トラッキング対策強化 - 複数の深刻な脆弱性にも対処
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性