Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイト上に協力者の個人情報を誤って記載 - 広島県

広島県立生涯学習センターが、ウェブサイト上に誤って個人情報を掲載したことがわかった。

同センターが、ボランティア活動「やる気じゃネット!青春じゃけん!」の実態調査を実施し、2006年の調査結果を2月17日にウェブサイト上で公表した際に誤って掲載してしまったもの。流出したのは2005年度調査に協力した団体代表者など223人分の個人情報で、住所や電話番号などが含まれていた。

同センターは、関係者の指摘を受け、データをサーバ上から削除した。同センターでは、チェック体制の強化や利用が終了した個人情報の廃棄など実施し、再発を防止したいとしている。

(Security NEXT - 2007/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大