Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2007年第1四半期はマルウェアが急増 - 前年同期比2倍以上を記録

2007年第1四半期にマルウェアの数が急激に増加したことがソフォスの調査によりわかった。

同調査は、同社が2007年第1四半期のサイバー犯罪の傾向をまとめたもの。同社によれば、2007年第1四半期は、あらたに2万3864件のマルウェアを検知しており、前年同期の9450件を大きく上回った。

特にウェブ経由で感染するケースが増えており、同社では毎日平均5000件のペースで悪質なウェブサイトを発見しているという。感染のおそれがあるサイトのうち、70%についてはセキュリティ上の問題を突かれ、改ざんされたウェブページなど、正規サイトだった。

またマルウェアが配信されている国は、中国がトップで41.1%。米国が29.2%で、いずれも3位のロシア(4.6%)や4位のドイツ(4.6%)を大きく引き離した。日本は0.62%で15位だった。

(Security NEXT - 2007/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ