Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市、Winny経由の個人情報漏洩で職員を懲戒処分

大阪市は、Winny経由で個人情報を漏洩させたとして同市交通局の職員を3月30日付けで停職1カ月の懲戒処分にした。

問題の事件は、同市交通局職員の自宅パソコンからWinnyを通じて鉄道利用者など305件の個人情報や業務情報が外部に流出したもので、2006年12月6日に判明した。

流出したファイルは、同市地下鉄構内で発生した痴漢や転倒など、事件や事故の報告書で、氏名、住所、電話番号など個人情報が含まれる。同市では1月にデータ拡散状況の調査報告を行っており、「流出は数件にとどまり、拡散は進んでいない」と説明していた。

(Security NEXT - 2007/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM
街頭インタビュー映像や音声のファイルを誤送信 - NHK
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る