Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市、Winny経由の個人情報漏洩で職員を懲戒処分

大阪市は、Winny経由で個人情報を漏洩させたとして同市交通局の職員を3月30日付けで停職1カ月の懲戒処分にした。

問題の事件は、同市交通局職員の自宅パソコンからWinnyを通じて鉄道利用者など305件の個人情報や業務情報が外部に流出したもので、2006年12月6日に判明した。

流出したファイルは、同市地下鉄構内で発生した痴漢や転倒など、事件や事故の報告書で、氏名、住所、電話番号など個人情報が含まれる。同市では1月にデータ拡散状況の調査報告を行っており、「流出は数件にとどまり、拡散は進んでいない」と説明していた。

(Security NEXT - 2007/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新ビジネスモデルを個人情報保護の観点から相談できる窓口
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
番組ガイドの配送リストを紛失 - ケーブルテレビ可児
取引先が置き引き被害、学生服の注文伝票など - 名鉄百貨店
「Pokemon GO」利用者狙うフィッシング - 偽領収書で不安煽る
CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
「情報セキュリティサービス基準」、2020年度1Qの募集が開始に
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市