Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アニメーションカーソルの脆弱性に対応する更新プログラムを緊急公開 - MS

マイクロソフトは、Windowsのアニメーションカーソルの脆弱性を解消するプログラムを公開した。そのほか6件の脆弱性についても同時に対応している。

今回対応されたWindows のアニメーション カーソルのリモートでコードが実行される脆弱性は、悪用されると外部からコードを実行されるおそれがあるもの。すでに脆弱性を攻撃するプログラムが出回っており、マイクロソフトでも深刻度を「緊急」としている。

また同社では、特権の昇格が発生する恐れがあるGDIの脆弱性やWMFにおけるサービス拒否の脆弱性、EMFの脆弱性など、緊急度が「重要」とされる脆弱性5件や「警告」1件についても同時に対応を行った。

ただし、今回の更新プログラムをWindows XP SP2で利用する場合、Realtek HDオーディオコントロールパネルが起動しなくなる問題がすでに判明している。同問題は、別途対応する更新プログラムが公開されており、適用することで回避できる。

GDI の脆弱性により、リモートでコードが実行される
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-017.mspx

エラー メッセージが Realtek HD オーディオ コントロール パネル が起動しないことがあって、「 無効 システム DLL 再配置」コンピュータの起動時に表示されます。
http://support.microsoft.com/kb/935448/

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MyJCB」かたるフィッシング - カード口座が凍結されたとだまして誘導
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
指摘メールを削除、誤送信を隠ぺいした職員を懲戒処分 - 川崎市
不正決済機能を備えた「カメラアプリ」がGoogle Playに
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
「PSIRT Services Framework」の日本語版が公開
トレンド複数製品に管理画面回避のおそれ - パッチリリース
IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書
個人情報含む表計算ファイルを誤掲載 - 浦添市