Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信対策機能を搭載した暗号メールソリューション - MBSD

三井物産セキュアディレクションは、誤送信対策機能を搭載した暗号メールソリューションの最新版「Voltage SecureMail Desktop v3.1」を発売した。

同製品は、米Voltage Securityが開発したメール暗号化ソリューション。同社が占有利用権を持つ新しい公開鍵暗号技術「IBE」を採用。メールアドレスなど、識別可能な任意の文字列が公開鍵として利用できるため、複雑な公開鍵を作成する必要がないのが特徴。

新バージョンでは、「送信許可リスト機能」が追加された。登録された宛先にのみ、暗号化したメールの送信を許可する。これにより、誤送信による情報漏洩のリスクを抑えることができる。価格はオープンプライス。

(Security NEXT - 2007/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール送信ミス、ペースメーカー検定受検者のメアドが流出
インターンシップ参加予定者の個人情報を誤送信 - 新潟県
メールサーバ「CyberMailV7」に脆弱性 - 旧製品も影響
MS Dynamics 365 Finance and Operationsに深刻な脆弱性
「Apache HTTP Server」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「ZeroShell」に対する脆弱性攻撃、国内でも観測
「XenMobile Server」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も
パソコン向け「Adobe Lightroom」に脆弱性 - 更新版が公開