Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エプソンの画像ビューワ「P-2500」にウイルスが混入

セイコーエプソン製液晶ビューワ「エプソン Photo Fine Player P-2500」の一部製品に、ウイルスが混入していたことがわかった。

同製品は、ストレージ機能やカードリーダー機能を搭載し、デジタルカメラで撮影した静止画や動画の再生を行うことができる液晶ビューワ。混入していたのはハードディスクやリムーバブルメディア経由で感染活動を行うトロイの木馬で、トレンドマイクロでは「WORM_DELF.EFF」、シマンテックでは「W32.SillyFDC」、マカフィーでは「W32/USBAgent」など、名称は各ベンダーにより異なる。

影響があるのは、製造番号が「G9HZ000001」から「G9HZ003029」の製品。製造番号は製品底面で確認できる。同社では、同製品や利用したパソコン、外部接続のストレージ、USBメモリなどについてもウイルスのスキャン、駆除を行ってほしいとアナウンスしている。

また、ウイルス対策製品を持っていないユーザーに対しては専用窓口で対応するほか、ウイルスを除去すれば正常に使用できるが、同社では希望者には対して新品との交換に応じるという。

セイコーエプソン
http://www.epson.jp/

(Security NEXT - 2007/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大