Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エプソンの画像ビューワ「P-2500」にウイルスが混入

セイコーエプソン製液晶ビューワ「エプソン Photo Fine Player P-2500」の一部製品に、ウイルスが混入していたことがわかった。

同製品は、ストレージ機能やカードリーダー機能を搭載し、デジタルカメラで撮影した静止画や動画の再生を行うことができる液晶ビューワ。混入していたのはハードディスクやリムーバブルメディア経由で感染活動を行うトロイの木馬で、トレンドマイクロでは「WORM_DELF.EFF」、シマンテックでは「W32.SillyFDC」、マカフィーでは「W32/USBAgent」など、名称は各ベンダーにより異なる。

影響があるのは、製造番号が「G9HZ000001」から「G9HZ003029」の製品。製造番号は製品底面で確認できる。同社では、同製品や利用したパソコン、外部接続のストレージ、USBメモリなどについてもウイルスのスキャン、駆除を行ってほしいとアナウンスしている。

また、ウイルス対策製品を持っていないユーザーに対しては専用窓口で対応するほか、ウイルスを除去すれば正常に使用できるが、同社では希望者には対して新品との交換に応じるという。

セイコーエプソン
http://www.epson.jp/

(Security NEXT - 2007/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から