Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

画像スパム対策や情報漏洩防止機能を強化したメールセキュリティ製品 - ソニックウォール

ソニックウォールは、企業向けのメールセキュリティアプライアンスの最新版「SonicWALL Email Security 5.0」を、3月下旬より提供開始する。

同製品は、企業向けにスパムメール対策、フィッシング対策、コンテンツフィルタリング、ポリシー管理、コンプライアンス対策など、メールに関するセキュリティ環境を提供するアプライアンス。利用機能はユーザーの希望に応じてカスタマイズできる。

最新版では、イメージサムプリンティング技術の導入やデータベースの充実など、近年急増している画像スパムへの対策が強化された。また、メールの添付ファイルや件名、本文などをスキャンして、個人情報やクレジットカード番号など特定のキーワードを検出することでメールからの情報漏洩を防ぐ機能強化を実施。

そのほか、大量メール送信による攻撃をブロックするDoSプロテクション機能や、実在しないアドレス宛てに送られる大量のメールを制限するQoS機能なども搭載された。

(Security NEXT - 2007/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避